ワードの改行と改段落の違いを正しく使い分けよう・初心者向け

ワードの改行と改段落の違いについて解説していきます。

この違いが分からない方は、改行はEnterキーのみで行っていると思います。

実際は、ワードの改行は改行と改段落を分けて考えています。

この二つの違いを覚えることで、文章作成が上手になることでしょう。

ワードの改行と改段落の違い

それでは、ワードの改行と改段落の違いついて解説していきます。

ワードの改行 は?

この下矢印をご覧になったことありますか?

ワードの改行は、 下矢印で表します。

改行とは?文章を整えてスッキリさせる際に行を変えることです。

文章のおわりに段落を変えるEnterキーとは全く別ですので覚えておきましょう。

Shiftキー+Enterキーを押して下矢印で表し、改行します。

ワードの改段落は?

この鍵矢印は、良くご覧になっていますよね。

段落とは?文書のおわりの節目の際に行を変えることです。

改行の文章をすっきりさせる意味とは全く違うので、覚えやすいですね。

Enterキー押すことで改段落され、鍵矢印で表します。

実際の文章で確認してみましょう。

下記の文章をご覧ください。

赤枠の中に、改行と改段落が表示されています。

文章の節目の際には、 Enterキー で 改段落 。

文書を整える際には、 Shiftキー+Enterキー で改行しましょう。

このように、上手に改行と改段落 を使い分けることで文章も上手になっていきますよ。

箇条書きや段落番号の改行と改段落

次は、 箇条書きや段落番号の際の改行と改段落です。

下記の文章では、段落番号が表示されていますね。

改段落 をすれば、次の段落へ行き数字が変わります。

改行すれば、文章の節目ではないので段落の数字は変わっていませんね。

このように使い分けをしていくことでワードが上達していきますよ。

まとめ

今回は、ワードの改行と改段落の違いについて解説してきました。

段落は、文書のおわりの節目の際に行を変えることで 、

Enterキーを押すことで改段落されます。

改行は、文章を整えてスッキリさせる際に行を変えることで 、

Shiftキー+Enterキーを押して改行されます。

この二つの違いを覚えて、ワードを上達させましょう。

それではお疲れ様でした。

Word
パソコン&ビジネス入門・初心者向け
タイトルとURLをコピーしました