エクセルの時間と分を計算する方法・超簡単初心者向け

本記事では、エクセルの時間と分を計算する方法

簡単に初心者向けに解説していきます。

エクセルでは、簡単に表を作成することができ、

スケジュール管理や勤務管理、勉強時間管理など

様々な表で時間を表記することができます。

その際に、時間の合計と分の合計が簡単にできたら

嬉しいですよね。

関数を使えば簡単にできますので是非覚えてみましょう。

それでは早速解説していきますね。

下記のスケジュール表を基に解説していきます。

エクセルの時間合計のやり方

まずはじめに、始めのセルに現在の時間を入力します。

やり方は簡単です。

始めのセルをクリックして、

Ctrlキー:キーを同時に押せば

一瞬で表示されます。

次に、終わりの時間も入力します。

Ctrlキー:キーを同時に押せばOKです。

つぎに、時間合計の関数を入力していきます。

時間合計のセルをクリックしてから、

①数式をクリック

②日付/時刻をクリックしてメニューを開く

HOURをクリック

すると下記の画像のように

関数の引数画面がでてきます。

赤枠の中に、終わりと始めのセルを入力します。

C3-B3と入力する。

※セルをクリックすると自動で入力されるので早いですよ。

は手入力すればOKです。

最後にOKをクリックしましょう。

すると、下記のように時間の合計が表示されました。

エクセルの分合計のやり方

まずは、分を合計したいセルをクリックします。

次に関数を入力していきます。

①数式をクリック

②日付/時刻をクリックしてメニューをだします。

MINUTEをクリックします。

すると、関数の引数画面になります。

赤枠の中に、終わりセル-始めのセルを入力します。

クリックしても、手入力でも

C3-B3となればOKです。

最後にOKをクリックしましょう。

すると、下記のように13と表示されましたね。

エクセルの時間/分の合計のやり方

下記のように合計のセルに、

=終わりのセルー始めのセルを入力します。

=C3-B3を入力してEnterで計算されますよ。

合計が2時間13分となりました。

このように関数を使うことで、

簡単に時間の管理ができますね。

エクセルの関数のコピーのやり方

エクセルの関数を入力したら、

範囲をドラッグしてコピーしましょう。

CtrlキーCキーで一瞬でコピーできます。

下記の表では2・3・4・5が関数未入力状態です。

つぎに、貼り付けしたい範囲をドラッグします。

範囲がきまったら、貼り付けしましょう。

CtrlキーVキーで簡単に貼り付けできますよ。

下記のようになれば完了です。

エクセルのセルの内容を中央にするやり方

下記の画像では、合計のセルの文字が右寄りですね。

これを中央揃えにしますね。

まずは、中央揃えしたいセルをドラッグします。

ホームから、赤枠の中央揃えをクリックしれば、

一瞬で中央揃えになりますよ。

すべて中央揃えで見やすくなりましたね。

まとめ

今回は、エクセルの時間と分を計算する方法

簡単に解説してきました。

関数を使えば、あっという間に表示されましたね。

何回も試してみて覚えてみましょう。

Excel
パソコン&ビジネス入門・初心者向け
タイトルとURLをコピーしました