Windows10バックグラウンドのアプリを停止する方法・初心者向け

今回は、Windows10バックグラウンドのアプリを停止する方法を解説していきます。

パソコンの動きが重くなる原因の一つに、不要なアプリがバックグラウンドで起動している事です。

バックグラウンドアプリとは、システムの背後で起動しているアプリの事。

アプリを起動していなくても、情報の更新やデータの送受信を行っているので重くなるのです。

快適なパソコンライフにするために、不要なアプリは停止しておきましょう。

それでは簡単に解説していきます。

Windows10バックグラウンドのアプリを停止する方法

バックグラウンドアプリを停止する為の作業手順を解説します。

Windows10の設定⇒プライバシー⇒バックグラウンドアプリ⇒アプリ停止

この手順で不要なアプリを停止することができます。

それでは、画像を見ながら進めていきましょう。

まず、スタートをクリックして設定をクリックします。

※赤枠のどちらの設定でもOKです。

次に、プライバシーをクリックします。

プライバシーが開いたら、バックグラウンドアプリをクリックします。

バックグラウンドアプリが開いたら、停止したいアプリをオフに切り替えましょう。

以上でバックグラウンドのアプリを停止することができました。

バックグラウンドアプリを停止してもまだまだ重たい場合は、クリーンアップをしてみましょう。

下記の記事で詳しく解説しています。

まとめ

Windows10バックグラウンドのアプリを停止する方法を解説してきました。

手順としては、Windows10の設定⇒プライバシー⇒バックグラウンドアプリ⇒アプリ停止で完了。

パソコンの動作を重くしない為にも不要なアプリは停止しておきましょう。

パソコン
パソコン&ビジネス入門・初心者向け
タイトルとURLをコピーしました