ペルソナ設定のやり方を徹底伝授・マーケティング初心者の方必見

商品開発、営業マーケティング、サービス業、Webビジネスにおいてターゲット・ペルソナ設定は非常に重要です。

ぺルソナ(persona)とは、サービス・商品の具体的なターゲットユーザー像のことで、あなたのビジネスにおいて設定していないとすれば、成約率が低くなっている可能性があります。

マーケティングとは、「儲け続ける仕組みを作ること」。 自分も相手もWIN,WINがベスト。
市場調査をすることや、テレビや新聞、雑誌などで商品・サービスを宣伝することだけではありませんよ。

成約率を上げるためにも、ペルソナ設定で、ワンランク上のマーケティングを目指していきましょう!

今回の記事は、ターゲートとペルソナの基礎知識と重要性について、詳しく解説していきます。

このような方へおすすめの記事です。

  • 商品開発、営業マーケティング、サービス業、Webビジネス初心者の方
  • 成績が伸び悩んでいる方
  • これからビジネスやブログなどに取り組みたい方

それでは、ターゲートとペルソナの基礎知識と重要性について、詳しく解説します。

ペルソナとは?の詳しい説明

ペルソナ「persona」とは、サービス・商品の具体的なターゲットユーザー像のことで、マーケティング関連において活用されている概念です。

これを設定しておかないと、ターゲートユーザー像が抽象的になってしまい、いくら仕掛けても相手の心に伝わらず、成約につながらないのです。

自分で一生懸命考えて作った商品やチラシ、営業しておいても、成約につながりにくいときは、ここから見直す必要性があります。

極端な話ですが、20代の女性につたえる内容と、70代の男性につたえる内容って一緒では伝わりにくいですよね。

別々なサービス・商品・チラシ,営業の仕方が必要となるわけです。

企業の方は特に、関係部署で互いに共通のターゲットユーザー像がないと、みんなバラバラのターゲットへ仕掛けてしまいますよね。

商品開発、営業マーケティングやサービス業、Webビジネス、においてペルソナターゲット設定は非常に重要というわけです。

具体的に何を設定するのか?

性別、年齢、居住地、職業、役職、年収、趣味、価値観、など具体的に・実際の人物のように・詳細な情報を設定していきます。

具体例としては、以下のとおりです。
・「ターゲット設定」の例
20代〜30代、女性、事務職 趣味はカラオケ

・「ペルソナ設定」の例
山田太郎
35歳
男性
営業職
神奈川県在中
家族構成4名 本人、妻、長男(10歳)、次女(8歳)
趣味 アウトドア ゴルフ 映画鑑賞
ツイッターで日々の生活情報を発信している
友人とのやりとりはLINEがメイン
英検3級
仕事より家族が大事
貯金は100万円
株式に興味あり

上記のペルソナ設定のように具体的に様々内容が書いてあると、リアルにイメージが湧いてきますよね。

ペルソナ設定の必須項目10選

1.基本情報(年齢、性別、居住地など)

2.職業(未就学・小中高学校・大学・学部、最終学歴、業種・役職)

3.収入、貯金・資産・投資状況(FX・株式・投資信託・不動産など)

4.生活パターン(起床時間、通勤・勤務時間、就寝時間、食生活・休日の過ごし方など)

5.性格(血液型、価値観、生い立ち)、生活状況(困りごと、関心があることなど)

6.人間関係(恋人・配偶者・子供の有無、家族構成・親友の数など)

7.インターネット利用状況(SNS・ブラウザー・アプリ・時間など)

8.所持しているデバイス(PC・タブレット・スマホなど)

9.流行に対し関心度(最新のファッション、家電など)

10.趣味や興味(趣味はカラオケ、アウトドアに興味がある、インドア派orアウトドア派など)

このぐらい詳細な設定をしていかないと、相手の環境や立場や目線で提案できませんよね。

ターゲットとペルソナについて

ターゲットとペルソナは同じような意味合いですが、商品・サービスのユーザー像を考えるという点ではターゲットもペルソナも同じです。

しかし、人物像の設定をどれだけ具体的にするかが違います。
「ターゲット・マーケティング」よりも「ペルソナ・マーケティング」の方が、より深く詳細に人物像を設定して、戦略を練っていきます。

ターゲットは人物像が抽象的な部分があるのに対し、、ペルソナは人物像を具体的に設定していくのです。

これらの項目を設定していくと、ライフスタイル、価値観や行動パターンが見えてきます。

ペルソナ設定の重要性

世の中には、世代も性別も趣味もまったく違う様々な人間いますよね。
また、学歴も資産もみんな違うのです。

製品開発やマーケティングをする側の考えだけでマーケティング活動を進めてしまうと、ターゲット像が曖昧でまったく見当ちがいな商品をつくってしまったり、チラシをつくってしまったり、営業活動をしてしまいます。

ターゲット像が上手く定まっていない状態では、効果的なマーケティング活動が難しく、成約率が下がります。

そこで必要なのが、人物像への理解を深めるために「ペルソナ」を設定ることなのです。

ペルソナ設定10項目を設定していくと、ユーザー像のライフスタイル、価値観や行動パターンが見えてきます。

具体的なユーザー像を設定することで、関係者間の目的認識を統一することだけではなく、自社がとるべき戦略が明確になります。
  

ペルソナを設定する3つのメリット

ペルソナを設定することで生まれるメリットは3つあります。

このメリットで、ビジネスを成功へと導きましょう。

ユーザーの立場や目線で物事を考えることができる。

多くの情報をもとに詳細に設定したペルソナは、具体的な人物像です。

具体的なペルソナを設定できれば、その方のニーズを満たすことができます。

製品を考える、あるいは販売するときには、ユーザーの立場や目線で物事を考えることが重要です。

徹底した個人への戦略で、多くのユーザーのニーズを満たすことにつながります。

そして、ユーザーが求めるものをつくり販売し、売り上げ増につながるのです。

関係部署や担当者間で共通した人物像を設定することができる。

関係部署や担当者間で共通認識がズレたままでは、いつまでもゴールが見えてきません。

無駄な作業が発生したり、納期が遅れるといったトラブルを招くことになります。
各個人が、それぞれの経験や知識を基に想像が優先されてしまうと、バラバラな目的に向かってしまいますよね。

ペルソナを設定することで、関係者が共通の人物像をイメージすることができ、スムーズにゴールまで到達することができます。
  

時間、コストの削減ができる

ペルソナを設定することで、無駄がなくなります。

無駄とは、何度も打ち合わせをする時間や的外れの広告のことです。

関係者が共通認識を持つことは、時間の短縮につながります。

そして、その後のプロジェクトの進行もスムーズに運ぶことができます。

ペルソナ分析の方法を3つご紹介します。

これからペルソナ分析の方法を3つご紹介しますね。

ここで重要になってくるのが、つぎのとおりです。

主観的ではなく、客観的に見ていくことが重要」となります。

自分の思い込みだけではなく、客観的な事実やデーターが重要となります。

これを基に、チラシの文章や、商品、営業トークなどを考えていくと、抜群に効果を得ることができますよ。

既存のデータの活用

既に公開されているアンケートの結果や分析結果を参考にすると有効です。

雑誌や新聞やWebなどでも、様々なデーターがありますよね。それを活用するのです。

注意点として、誰が収集したのか、いつの結果なのかは確認しましょう。

インタビューやアンケート分析活用

具体的なペルソナマーケティングをする為に非常に有効な手段です。

ペルソナ10項目をもとに、インタビューやアンケートを実施し調査してみましょう。

その調査の対象は必ずしもユーザーに限らず、関係部署さまざまな角度からの調査をすることが重要です。

また、そのようなデーターやアンケートには、いつもアンテナを張っておいて方が良いですよね。

最近では、様々なアンケート調査会社の活用も良いですよ。

Webサイトアクセス解析

いつ・どこで・誰が何をクリックして、何を買ったかといった解析は、
ユーザーの行動や興味・特性を掴むうえで大変貴重なデータとなります。

普段利用しているショッピングサイトなどでは、おすすめ商品が紹介されたり、カートの中の品物が消えずに残っていたりして便利になっています。

これは、cookie(クッキー)を利用しているのです。あなたが見ているWebサイトの情報が、あなたのスマホやPCの中に保存されるいるのです。

そこにはサイトを訪れた日時や、訪問回数など、さまざまな内容が記録されています。この情報をもとにいろいろと解析されているのです。

Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールが有名ですね。

まとめ

ペルソナ設定は簡単にすぐできるものではありませんが、何度もやっていれば必ず慣れてきます。ユーザーのニーズに対し良いサービスや商品を提供できるように是非活用してみましょう。

ターゲット層の具体的な設定を正確・的確に出来れば、莫大な広告費用の無駄を削減することだって可能です。

ペルソナ設定で、ワンランク上のマーケティングを目指しましょう!

WordPressビジネス
パソコン&ビジネス入門・初心者向け
タイトルとURLをコピーしました