Excelの掛け算のやり方・簡単初心者向け

今回はExcelの掛け算のやり方について解説していきます。

やり方は、3パターンで解説していきます。

自分のやり易いパターンを覚えて、

ビジネスやプライベートで活かしていきましょう。

それでは、簡単なやり方を解説していきます。

Excelの掛け算のやり方①

まずスタートなどから、Excelをクリックします。

次に、Excelが立ち上がってから、

新規をクリックします。

そこに、下記のように数字を入力してみましょう。

※D2のセルに合計を出します。

D2のセルをクリックします。

※セルとは、数字を入力する場所の事です。

を入力して、B2からC2をドラックし範囲を設定します。

すると下記のように範囲が設定されます。

※直接入力してもOK。

次に、=B2:C2の:をに変更します

下記のように、=B2*C2となれば、OKです。

最後にEnterを押しましょう。

すると、あっという間に計算されました。

Excelの掛け算のやり方②

二つ目のやり方は、

直接数字を入力して計算します。

D2のセルをクリックします。

=1000*5を入力して、

最後にEnterを押しましょう。

あっと言う間に、5000になります。

Excelの掛け算のやり方③

三つ目のやり方は、関数を挿入します。

D2のセルをクリックしてから、

赤枠の数式をクリックしましょう。

つぎに、

①関数の挿入をクリック

②SUMをクリック

③最後にOKをクリックします。

すると、下記のように範囲が出たら、

B2:C2の:をに変更して、OKをクリックします。

すると、あっという間に計算されました。

まとめ

今回は、Excelの掛け算のやり方について

3パターンで解説してきました。

自分のやり易いやり方を覚えて、

ビジネスやプライベートにも活かしていきましょう。

計算が早いと、時短に繋がりますね。

Excelパソコン
パソコン&ビジネス入門・初心者向け
タイトルとURLをコピーしました