タスクマネージャーでアプリの強制終了のやり方・簡単初心者向け

エクセルやワードなど作業をしていた時、

アプリが突然動かなくなって固まってしまったことありませんか?

キー入力やマウス操作ができなくなるとビックリしますよね。

でも大丈夫です。ちゃんと対処法があります。

タスクマネージャーで強制終了することです。

途中作業のデーターは保存されませんが、

アプリを終了することができます。

そして、また起動すれば作業ができるわけです。

それでは、初心者の方にも分かりやすく解説していきますね。

マウス操作ができる場合

①のタスクバーの何もないところで右クリックします。

するとメニューがでてきます。

タスクマネージャーをクリックします。

次に、タスクマネージャーが開いたら

①終了したいアプリを右クリックします。

※今回はエクセルを終了します。

メニューが開いたら、

タスクの終了をクリックします。

これで、動かなくなったアプリを終了することができますよ。

※エクセルやワードなど、強制終了してしまうと

途中作業のデータは保存されないので、

定期的に保存しておくことをお勧めします。

マウス操作ができない場合

マウスを動かしてポインターが動かない場合は、

焦ってしまいますよね。でも大丈夫ですよ。

キーボードを使って強制終了することができます。

やり方は簡単。

①キーボードの「Ctrl」キー+「Shift」キー+「Esc」キーの3つを同時に押します。

するとタスクマネージャーが開きます。

矢印キーでアプリを選択して、「Alt」+「E」キーの2つを同時に押すと

強制終了することができます。

まとめ

今回は、アプリが突然動かなくなった場合の強制終了の

やり方を解説してきました。

マウスが動く場合と、動かない場合の二通りを覚えておくと

いざという時にすぐ対処できるでしょう。

是非覚えておきましょう。

最後に、大切なデータはこまめに保存しておくことをお勧めします。

パソコン
パソコン&ビジネス入門・初心者向け
タイトルとURLをコピーしました