問題発見力と問題解決力を鍛えてビジネスを成功させよう!初心者向け

ビジネスに必要な問題発見のやり方と問題解決のやり方を解説していきます。

あなたは今、何か問題をかかえていますか?

問題点を放置しておくことで、会社の成長や自己成長は遅くなってしまいます。

まず、なにが問題なのか?どうすれば解決できるのか?

ここを押さえて、問題解決にチャレンジしていきましょう!!

自分の為にも、家族の為にも、チームの為にも、絶対身につけて欲しいと思います!!

まずはじめに、問題点とは?なんなのかを解説していきます。

問題点とは?

会社や自己成長に対し阻害する要因のことや、目標と現実とのギャップのことです。

この要因をどうにかしないと、先に進みたくても、邪魔をされてばかりで、全然進みません。


会社は、永続発展をしていかなくてはいけません。

自己成長も、家族や自分の為にもしなくてはいけないと思いますので、問題点を放置しないで、なんとかしなくてはいけないですよね?

この問題点を解決するためには、根本原因は何なのか?
ここを徹底的に押さえなければなりません。


ここで問題点の根本原因への掘り下げ方をお伝えします。

問題点の根本原因への掘り下げかた

1.表面上の問題点はなにか?


:仕事中に、お客様に怒られて、落ち込んでいる


2.表面上の問題点の原因はなにか?

:仕事で、発注ミスをしてしまい、納期が間に合わなかった。


3.根本原因はなにか?

:発注時の確認作業をしていなかった。


この、根本原因がわかると、次の手がうてるのです。

ここを改善することで、成長へとつながります。


この根本原因への掘り下げかたは、自分でも、会社のミーティングでも実践できると思います。根本原因を見つけないと、何度も同じ問題で、つまづいてしまいます。


この掘り下げかたを、みんなで練習するのも良いと思いますし、また、常に自分でも掘り下げる習慣を身に付けると、どんどん成長できると思います。


会社も自分も成長するために是非身に付けていただきたいと思います。

次は、問題発見のやり方を説明していきます。

問題発見のやり方

1.常に問題意識をもち、現状否定の精神で仕事に取り組むこと

会社も自分も、成長しなくてはいけないですよね?

今現在、会社も自分も完璧なんて人はいないと思います。

もし、これで良いと思い、なにも変えていかないとすれば、将来が不安になってしまいます。時代は常に進化しているのです。

未来は、今の延長線上にはないと思っています。

今、成功している人も、必ず何かにチャレンジしていると思いますし、

今、問題がない人も、現状否定の精神で、取り組んで欲しいと思います。

 

2.三現主義をとりいれること

三現とは?

①現実、今どうなっているのか?

②現場は、どうなっているのか?

③現品は、どうなっているのか?

この三現主義をとりいれると、机上の理論で物事を解決しなくなります。

現場にしか答えはないのですから・・・


お客様のサービス向上のためにも、自分の成長のためにも、
三現主義をとりいれてスピーディーな対応をしましょう。

3.仕事の基本動作、お客様の対応の基準をもうけること

この基準がないと、新人の方は特に、難しいとおもいます。

基本、基準があることで、人は動きやすくなります。

もし、基準がないとすれば、そこをつくることから始めなければなりません。

数値を含めた目標や、対応のしかた、基準をとりいれていただきたいと思います。

基準があると、適当な仕事、曖昧な仕事での失敗はなくなっていくと思いますので、
是非とも基準をもうけていただきたいと思います。

つぎに、問題解決のやり方です。

問題解決のやり方

1.根本原因を発見すること

トヨタ式でもあるように、なぜを5回繰り返しましょう。

なぜ問題がおきたのか?、なぜそうしてしまったのか?なぜ、なぜ、を繰り返していくと、どんどん原因が分かってきます。

一発のなぜで、根本原因をみつけるのは難しいです。

なぜを5回繰り返してみましょう!!

2.解決策をきめること

基本は、組織のリーダーを中心に、解決策を決めていきます。

私の会社でも、問題解決ミーティングを定期的に行っています。

これを行うと、一人一人の考えや成長がわかってきますし、いろんな方の意見も聞けて
全員参加型で問題解決に取り組めます。是非ともおすすめです。

経験不足の現場での自己判断は絶対危険です。とりかえしがつかなくなる前に
報連相をしてリーダーの判断を仰ぎましょう。

3.PDCAサイクルで改善していこう

PDCAとは?

1P  PLAN計画    
2D  DO実行
3CHECK確認
4A ACTION改善


このPDCAは、1から4までのサイクルをうまく回すことです。

計画して、実行したら、どうだったのかを確認をします。

ここでのポイントは、常に何かあったら、報連相や、定期的なミーティングです。

この話合いがとても重要です。問題を放置すると、後で、取り返しがつかなくなります。徹底して行うと良いと思います。

そして、なにか問題があれば、改善です。改善をしていくことが非常に重要なのです。

この改善がないと成長はありません。先へは進めません。

ここでのポイントとしては、リーダーを中心とし、リーダーのアドバイスが絶対必要となります。個人レベルで判断しても良い成果を得られません。

経験豊富な方からのアドバイスをいただくと良いですね。

リーダーには遠慮せずにどんどん相談しましょう!!


まとめ

問題点を放置しておくことで、会社の成長や自己成長は遅くなってしまいます。

問題発見のやり方や問題解決のやり方をしっかり身に付けていただき、成長の阻害要因を徹底的に解決していただきたいと思います。

問題は必ずおきます、そして、その問題を解決すれば必ず成長がまっています。

問題が来れば、また、成長できるとポジティブに考えていただき成長を楽しんでいきましょう。

人生チャレンジあるのみです。

ビジネス
パソコン&ビジネス入門・初心者向け
タイトルとURLをコピーしました