戦略と戦術の違い・ビジネスで成功する為の考え方・初心者向け

今回は、「戦略と戦術の違いについて」わかりやすく解説していきます。

あなたは「戦略と戦術の違いとは何か」説明することができますか?

「なんとなく同じような意味合い」で使っている方が多くいらっしゃいます。

モノがあふれている時代です。他社との差別化をして勝ち抜くためにも、戦略と戦術の違いを正しく理解しましょう。

そして、この考えをビジネスに取り入れていくことで、成功への近道となるでしょう。

この記事は、次の方におすすめです。

・ビジネス初心者の方
・営業成績が伸び悩んでいる方
・戦略と戦術の違いが分からない方

それでは早速解説していきますね。

戦略、戦術の意味

戦略と戦術の意味を解説していきます。

簡単に分かりやすい言葉で解説していきますね。

戦略とは

戦略とは簡単に言うと「進むべき方向性や道筋、シナリオ」のことです。

「目的を達成する為に何をするのか」・「選択と集中で方向性を決める」など総合的に目標や準備や計画を立てることです。

戦術とは

戦術とは「手段、オペレーション」のことです。

戦術は戦略を達成するための手段であり、「目的達成の為の具体的な方法・行動」のことを意味します。

戦略から戦術へ

「戦略」と「戦術」は並行的なものではなく階層的なものです。

「戦略なき戦術」という言葉からも分かるように、戦略が漠然としたままの状態では、戦術は効力を発揮しません。

「戦略」は「戦術」より上位に、先に設定しておくもので、「戦略」から「戦術」へと深堀していく関係にあります。

この順番をしっかりと頭に入れておくとで、「戦略」と「戦術」の違いについての理解が深まります。

戦略は筋道、戦術は手段の具体例

「戦略」とは目的達成の為の筋道のことで、「戦術」とは「戦略」を達成するための手段です。

具体例をみて、さらに理解を深めましょう。

戦略は筋道、戦術は手段の具体例

目的:月間の売り上げ目標を達成する
戦略:キャンペーンを行い新規顧客を増やし、売り上げ増を狙う
戦術:折り込みチラシとテレワークでキャンペーン案内

上記の例のように、目的→戦略→戦術の順番で堀下げていきます。

これがビジネスの基本で、目的を決め、目的を達成するための戦略を決めて、最後に具体的な戦術(手段)を決めていくのが基本となります。

これができていないと、漠然としながら進めてしまうので成果がでにくいのです。

目的→戦略→戦術の順番で堀下げる際のポイント

実際に「目的」「戦略」「戦術」を立てる考え方についてポイントを見ていきましょう。

目的→戦略→戦術の順序で深堀すること

目的を明確にして、戦略、戦術の順番で深堀していくことがとても重要です。

この順番を変えてはいけません。

これを逆から考えてしまうとどうなるか?

戦術→戦略→目的となります。

いきなり戦術って、何をしてよい分かりませんよね。

目的がない戦術は、なんの意味があるのでしょうか?

なんのためにやっているのかがわからないまま戦術を決めても、良い結果が出るはずがありません。

上記の例のように、折り込みチラシを配るのはなぜか?

目的がないチラシ配布は成果が出るのでしょうか?

きっと、チラシの中身もお客様へ伝わらず、失敗に終わることでしょう。

このようにならないように、順番を守って戦術を考えましょう。

自分の現状認識を明確に

次に重要なことは、自分の現状認識を明確にしておくことです。

目的から戦略に落とし込んでいく際に、自分(自社)の強み・弱み、現状の不安・不便、環境などを踏まえて考えていきましょう。

自分の弱い部分や不便な部分を戦略にいれると、効率がわるくなりますよね。

自分の強み、環境の良い部分を取り入れて考えてみましょう。

また、他社との差別化も考えながら戦略に落とし込むことが重要です。

目的を忘れずに戦術を実行すること

戦略から戦術へと掘り下げていく際や、実際に行動する際に、忘れてはいけないことが目的です。

ここがぶれてしまうと良い戦術でも成功する確率がさがります。

例えば東京から仙台に移動するとします。

営業が目的で、アポイントをしっかりとっていれば、時間に遅れないように料金が高くても新幹線を使います。

実家帰省が目的で、時間に余裕があるとすれば、レンタカーを借りてゆっくりドライブしながら帰省します。

このように、目的によって手段は変わるということです。

目的を達成するためには、どの手段が一番よいのか、目的を忘れず戦術を考えることが重要なのです。

マーケティングでの「戦略」と「戦術」

マーケティングとは「儲かる仕組み作り」のことです。

市場調査・広告・販売促進などはマーケティングの一部となります。

マーケティングの本質は「儲かる仕組み作り」で、いったん商品やサービスが浸透すれば、お客様から自動的に購入していただき売上が伸びていきます。

この仕組みを構築するために、目的→戦略→戦術の順序で掘り下げて、「儲かる仕組み作り」を強化しましょう。

まとめ

「戦略」とは目的達成の為の筋道のことで、「戦術」とは「戦略」を達成するための手段です。

「戦略」と「戦術」は並行的なものではなく階層的なものです。

目的→戦略→戦術の順序で掘り下げて、「儲かる仕組み作り」を強化しましょう。

ビジネス
パソコン&ビジネス入門・初心者向け
タイトルとURLをコピーしました