PREP法とは?相手にわかりやすく伝えるための文章作成術です。

「要するに何が言いたいの?話がわかりにくいと言われた」

「ブログを書き始めたけど思うように文章がかけない」

このような悩みを抱いている方は是非PREP法を取り入れてみましょう。

PREP法とは?相手にわかりやすく伝えるための文章作成術です。

PREPはプレップと読みます

話や文章が一度でも伝わりにくいと感じた方はPREP法のような型を取り入れると解決しますよ。

それではPREP法について解説していきます。

PREP法とは?相手にわかりやすく伝えるための文章作成術

PREP法は物事を相手に伝えるための手段として効果を発揮します。

ブログで物事を伝える際や、WEBライティングだけではなくビジネスにおいても効果を発揮します。

時間がない相手に分かりやすく伝えるための型とも言えます。

「結論から先に言って」なんて相手からくれぐれも言われないようにしましょう。

文章構成のひな形としては、基本中の基本になる手法ですので是非覚えておきましょうね。

PREP法は4つのプロセスで構成されています

1.結論(Point)

2.理由(Reason)

3.具体例(Example)

4.再結論(Point)

PREPは上記の4つの頭文字をとったものです。

それではひとつずつみていきましょう。

1.結論(Point)

PREP法では、はじめに結論から伝えていきます。

文章や話の趣旨をシンプルにまとめて伝えることで読者や話し相手も理解しやすくなります。

2.理由(Reason)

結論に至った理由を伝えていきます。

経緯や背景・メリット・デメリットも伝えていくことで、結論を相手に納得してもらいます。

3.具体例(Example)

結論・理由の順番に伝えたら、つぎは具体例です。

より身近に納得してもらうためには具体例が必要です。

結論・理由を納得してもらうための手段とも言えます。

最低、具体例を3つ用意しておくと良いですよ。

4.再結論(Point)

最後にもう一度結論を話します。

具体例でより身近に納得してもらったら、

最後に自分が伝えたかった結論を改めて主張して信頼・納得してもらいましょう。

まとめ

PREP法について解説してきました。

PREP法とは?相手にわかりやすく伝えるための文章作成術で4つのプロセスで構成されています 。

話や文章が一度でも伝わりにくいと感じた方はPREP法のような型を取り入れると解決しますよ。

是非おぼえておきましょう。

お疲れさまでした。

WordPressビジネス挨拶・スピーチ
パソコン&ビジネス入門・初心者向け
タイトルとURLをコピーしました