エクセルの行と列の簡単挿入のやり方・意外と知らない方いるかも?

今回は、エクセルで行と列を簡単に挿入するやり方を解説していきます。

エクセルで作業中に、セルを増やして項目を増やしたい時や、

セルを削除して項目を減らしたいといったケースは意外と多いです。

こんな時に、簡単にできたら時間短縮になって良いですよね。

実は、ショートカットキーを使うと一瞬でできてしまうのです。

ホーム画面の挿入や削除を選択する一般的なやり方でも良いですが、

是非ショートカットキーを覚えて時間短縮していきましょう。

それでは、下記の表を基に解説していきますね。

エクセル列の簡単な挿入のやり方

それでは、エクセルの列の簡単な挿入のやり方を解説します。

下記の表の、C列とD列の間に列を挿入していきますね。

※列を挿入する際は、右隣のセルを選択(クリック)します。

今回は、C列とD列間なので、D列をクリックします。

すると下記のように色が付きます。

次にショートカットキーを入力します。

Altキー+Iキー+Cキーの順番で押していくと、

自動的にあっという間に列が挿入されます。

Altキー+Iキー+Cキーは同時に押さないで、

順番にひとつずつ押してくださいね。

すると、下記のように挿入されました。

D列に遅刻回数の項目を増やしてみました。

エクセル列の簡単な削除のやり方

次は、エクセルの列の簡単な削除のやり方です。

こちらも、ショートカットキーをつかって一瞬で削除します。

D列を削除してみようとおもいますので、

D列をクリックします。

ここで、ショートカットキーです。

Ctrlキー+ー(マイナス)キーを同時に押せば一瞬ですよ。

先ほど選択した遅刻回数が削除されましたね。

エクセル行の簡単挿入のやり方

次は、エクセルの行の簡単な挿入のやり方ですよ。

3行と4行の間にセルを挿入していきますね。

まずは、挿入したいセルの下のセルを選択(クリック)します。

今回は3行と4行の間なので、

4行を選択(クリック)します。

つぎに、ショートカットキーを入力します。

Aitキー+Iキー+Rキーを順番に押せば自動的に行が挿入されます。

※同時に押さなくて大丈夫ですよ。

すると、行が挿入されましたね。

追加したセルに、本田さんを追加してみました。

エクセル行の簡単削除のやり方

次は、エクセルの行の簡単な削除のやり方です。

削除したいセルをクリックします。

先ほど追加した4行を削除してみます。

まずは、4行目を選択(クリック)します。

次に、ショートカットキーを入力します。

Ctrlキー+ー(マイナス)キーを同時に押せば自動的に削除されますよ。

通常の行の挿入のやり方

最後に、通常の行の挿入のやり方を解説します。

挿入したい場所を選択(クリック)してから、

ホームの挿入をクリックします。

※赤枠の挿入です。

挿入をクリックしてメニューを出し、

シートの行を挿入をクリックします。

すると、行が挿入されましたね。

通所の行の削除のやり方

削除したい行を選択(クリック)してから、

ホームの削除をクリックしてメニューをだし、

シートの行を削除をクリックします。

すると、簡単に削除されましたね。

まとめ

今回は、エクセルの行と列の簡単な挿入のやり方を解説してきました。

ショートカットキーを使うのもよし、

通常のやり方でやるのもよし、

自分に合ったやり方で作業効率を向上させましょう。

Excel
パソコン&ビジネス入門・初心者向け
タイトルとURLをコピーしました