Excelの引き算のやり方・簡単初心者向け

今回は、Excelの引き算を初心者にもわかりやすく、

3パターンで簡単に解説していきます。

Excel引き算のやり方①

まず初めに、スタート画面からExcelをクリックします。

Excelが開いたら、新規をクリックします。

下記のように、数字を入力してみましょう。

次に、B5のセルをクリックします。

ここに、合計をします。

を入力してB2-B3-B4と入力します。

※ドラックして範囲を決めると早いです。

※注意を消さないと計算されません。

※BackSpaceやDeleteで消しましょう。

入力が終わったらEnterキーを押して

合計します。

下記のように合計がでます。

Excel引き算のやり方②

合計したい場所をクリックします。

そこに、

数字を入力して、

最後にEnterを押すと、

簡単に計算することができます。

Excel引き算のやり方③

次は、数式を使います。

まず初めに合計したいセル(場所)をクリックします。

次に、数式をクリックします。

数式が開いたら、

①関数の挿入をクリック

②SUMをクリック

③OKをクリックします。

すると赤枠の中に、セルの範囲がでるので、

-(マイナス)を入力していきます。

※注意を消さないと計算されません。

※BackSpaceやDeleteで消しましょう。

最後にOKをクリックします。















すると下記のように計算されます。

まとめ

今回は、Excelの引き算のやり方を解説しました。

3パターンありますので、

好きなやり方を覚えていきましょう。

Excelパソコン
パソコン&ビジネス入門・初心者向け
タイトルとURLをコピーしました